保留荘のやつら

■作品名保留荘のやつら
■作者:ココなし。
■ジャンル:女性コミック

■あらすじ:とある記憶喪失の青年は気がつくと閻魔大王の前にいました。彼は記憶がないので罪を図ることができず天国にも地獄にもいけません。それで天国でもなく、地獄でもない留国行きが決定します。一見平凡な青年がその留国にあるアパートにすむことになるのですが、その留国にあるアパートの住人は個性派ぞろい。留国のハプニングにあふれた毎日がはじまります。

■取り扱い電子コミックサービス:COMICO(コミコ)【無料立ち読みアリ】

保留荘のやつらの感想(ネタバレ注意)

留国は確かに死後の世界なのですが、以外に生きている時と変わらないというのが面白いです。そして出てくる人々が、阿部貞代、ジャックザリッパー、ロリコン性犯罪者、などなど全員普通ではなく人格が破たんしている人々ばかりです。正直普通の漫画世界だったら悪役な奴らなはずですがみんななぜか楽しくやっています。留国というのは現世ではなく欲から解放された世界だからかもしれません。なにをやってもリセットがきき自分の精神でものを作り出すことができる、そういう世界なら他人の領域をあえて侵害せずとも生きていける、孤独ではない究極のモラトリアムパラダイスです。楽しげにわいわいやっている主人公と犯罪者や殺人鬼たちはまるでまだなにものになる必要もなかったあの学生時代の放課後や夏休みを思い出します。また罪状にせよ殺人にせよ、肉体がなければ無化するわけで、魂にとっての最大の罰が転生できないことというあたり、なにが善でなにが悪かもはっきりしなくなっている我々にとって非常にしっくりする死後の世界でもあります。もし自分が死んだらこんなあの世だったらいいなあと思います。人はみんな殺人鬼ですら一生懸命いきるのです。自分も今生きている世界を大切に生きていこうとおもいます。

サブコンテンツ
キャッシング 無担保