ザキちゃん

■作品名ザキちゃん
■作者:登丸ダイスケ
■ジャンル:女性コミック

■あらすじ:「生まれっぱなし」と称される嫁、ザキちゃん。そして夫でありマンガ家の登丸ダイスケさん、そんな二人の愛娘でザキちゃん似のたねちゃん。こんな不思議な家族の爆笑嫁&娘に振り回される日々を描いたコミックエッセイです。

■取り扱い電子コミックサービス:Renta!【無料立ち読みアリ】

ザキちゃんの感想(ネタバレ注意)

マンガ家としてはまだまだ知名度の低い登丸ダイスケ先生ですが、
なんといってもタイトルにもなっているキモ嫁「ザキちゃん」の強烈さにマニア心がこちょこちょとくすぐられます。
そもそも「ザキちゃん」という呼び名だからヤマザキさんとかオザキさんなのだろうと思いきや旧姓竹田さん、
いやいやじゃあ下の名前が?と思いきやそれも違う。
まったくどこにもザキは絡んできません、
ただ単に夫婦間でのあだ名が転じに転じた挙句まったく本名とは関係ない「ザキちゃん」に落ち着いているというあたり作者であり夫の登丸ダイスケ先生もなかなか不思議な方です。
そしてそんな二人の愛娘、たねちゃん。
彼女は間違いなく大物です、ザキちゃんの遺伝子とそれ以上の才能や資質が作品の中に溢れ出しています。
マンションのエレベーターで乗り合わせた住民の持っている買い物袋にポテトチップスが入っていたという理由で
いきなりカルビーのポテトチップスのCMソングを歌いだすザキちゃんに
登丸ダイスケ先生と住民のヒヤヒヤは止まりません。
そこにそれぞれの実家や知人なども加わり毎日賑やかでヒヤヒヤ、スリリングな様子と絶妙にキモさを表現した絵柄、そして時折描かれるザキちゃんと登丸ダイスケ先生の親心がたまりません。

サブコンテンツ
キャッシング 無担保