ハチミツとクローバー

■作品名ハチミツとクローバー
■作者:羽海野チカ
■ジャンル:TL(ティーンズラブ)

■あらすじ:芸術大学を舞台に繰り広げられる笑いあり、涙ありの片想いをテーマにしたストーリー。個性的なキャラクターが多く登場し、全員片想いという今までになかった物語です。ヒロイン花本はぐみの意外な恋の結末は見逃せません。

■取り扱い電子コミックサービス:コミックシーモア【無料立ち読みアリ】

ハチミツとクローバーの感想(ネタバレ注意)

ハチミツとクローバーの世界観がたまらなく好きです。登場人物は個性的なキャラクターが多く、どのキャラクターもいい味を出しています。
あゆの想いはとても共感できます。真山のことが好きという一途な気持ち、でも報われないという切なさ。私も片想いをした時にはあゆのような気持ちになりました。でもあゆのように気持ちを相手に伝えることなく、片想いは終わってしまいました。報われない恋は本当に気持ちのやり場がなくて切なくなります。
竹本くんは一番平凡なキャラクターですが、自分探しの旅に出るシーンはかなり印象に残っています。自分探しの旅からもどり、はぐに告白します。竹本くんの恋も結局実りませんでしたが、想いを伝える場面は何度も読み返しました。
そしてなんといってもはぐの恋の行方に一番衝撃を受けました。てっきり森田さんとくっつくと思っていたのにまさかの修ちゃんでした。きっと怪我さえなければ森田さんと両想いになっていたはずです。修ちゃんははぐの保護者的ポジションだと思っていたので本当に驚きました。でも1番身近で落ち着く存在なので、それにも納得がいきます。
ハチミツとクローバーは切ないストーリーでもありますが、ラブコメディでもあり、笑える要素も満載です。笑って泣ける心温まるお気に入りの作品です。

サブコンテンツ
キャッシング 無担保